2012年11月24日

ミトコンドリアを増やすとマラソンの練習時間半分以下でいけちゃいますって

本日(11月24日)の日経新聞で

マラソンの効果的な練習方法が紹介されていました
(もしかしたら会員しか読めないかもしれません)

ランニング特集

ミトコンドリアに秘密 走りが楽に疲れにくく

短時間で持久力アップ 全力走30秒、4〜7回でも効果



ミトコンドリアを増やす練習をすれば
一回30分程度で1時間以上走った効果があるようで

月間200キロとか走る必要がないという説です。


「ランナーの間でミトコンドリアの存在がクローズアップされている。ミトコンドリアとは酸素を使ってエネルギーを生み出す細胞内の小器官。その数を増やせば、より多くのエネルギーが生み出され、筋肉が疲れにくくなる。」


「ではどうやって持久性の能力を高めるのか。注目されているのは、こんな短時間の高強度トレーニングだ。30秒間の全力運動を4回から7回繰り返す。間隔は4分で、その間、足を止めてしまってもかまわない。」


「この高強度トレーニングは1日に正味14〜27分で済む。それなのに60分走ったのと同じ効果があるというのだから、かなり「お得感」がある。」


「環太平洋大(岡山市)体育学部の吉岡利貢講師は筑波大研究員時代に同様の実験をしている。故障で走れないランナーが自転車で3週間、全8回、このトレーニングに取り組んだだけで、LTスピード(ゼイゼイせずに走れる速さの上限)が1キロ当たり20秒も向上したという。」



 「吉岡さん自身も週1〜2回の自転車による全力運動を試している。200〜240キロだった月間走行距離は80キロに減った(ほかに自転車通勤で1日、往復12キロ)にもかかわらず、マラソンの記録は落ちず2時間40分で走れたという。」


どうです?
忙しくて走る時間がとれない人
シニアであまり走ると疲れが取れない人など
試してみる価値ありじゃないですか??
posted by ロングトレイル at 20:52| Comment(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。